可愛いウィッグが激安で買える通販サイト

MENU

人気アイテム「ウィッグ」でオシャレをしよう

・1日だけ違う髪色にしてみたい
・短くしたいけど髪を切る勇気がない
・デートのときだけロングにしたい
・色んな髪型にチャレンジしたいけど勇気がない
・結婚式やパーティーなどのイベント時は華やかにしたい

と思っている方には「ウィッグ」がおすすめです。

 

髪の毛を明るくするにも髪の毛が痛むし考えものです。
しかし、ウィッグがあれば好きな時に好きな色・好きな髪型に変身できるのです。
女性は髪形が変わると気持ちも変わります。

その時の気分やTPOに合わせて変えるのもいいでしょう。
最近はウィッグも激安価格で販売されています。
学生でも手が届く手頃な値段のものが多いようです。
たくさんの種類のウィッグを使い回ししてオシャレを楽しみましょう♪

 

前髪ウィッグはこちら

 

 

 

ウィッグ通販サイトランキング

 

AquaDoll

ウィッグ好きな方なら一度は「聞いたことがある」というサイトでは

ないでしょうか。
雑誌にも多数掲載されている有名店です。
落ち着いた色のウィッグからかなり明るめのウィッグまで、
多数の種類を取り揃えています。
AquaDollのウィッグはヘアアイロンやコテ使用可!
ストーレートを巻いたりアレンジも自由自在です。

 

Linea─Storia

ロング・ミディアム・ショート・ハーフ・前髪ウィグはもちろん、

アップスタイルやポニーテール・ウェディング・パーティースタイル・
ロリータ・ゴスロリウィッグまで品揃えが充実!
幅広いジャンルのお客様に満足いただけると思います。
ウィッグに合わせたアクセサリーやメガネも一緒にいかがですか?

 

 

こんな人にもおすすめ!

カラーやパーマは甲状腺ホルモンといった体内の血液中のホルモンを必要以上に浪費すると
言われています。
パーマ液は化学薬品です。
その薬品が頭皮に浸透していけば刺激となってトラブルを起こすことも…。
妊婦だったら赤ちゃんにまで影響が出る可能性もあります。
なので妊娠中はカラーやパーマなど、負担が大きくなるようなことは控えましょう。
また、生理前や生理中もホルモンの働きに影響が出ますのでこの時期をはずしたほうがいいでしょう。

カラーリングについてはこちら

 

 

ウィッグの止め方

ヘアピンウィッグネットを準備します。

 

ウィッグ用ネットを被り首のところにおいておく

 

前髪が落ちてこないようにヘアピンで止める

もみあげのところなど髪が落ちてこないように何箇所か止めておくと安心です。
(多くつけすぎると頭痛くなる人もいるので自分で調節してね!)

 

後ろ髪をまとめてヘアピンで止める

ゴムのほうがまとまりやすいですが、ウィッグをつけるときに少しボコッとなってしまうので、
ヘアピンをおすすめします。

 

ウィッグネットを被せる

髪がまとまったら首にかけてあったウィッグネットのゴムがついてないほうを後頭部のほうへひっぱります。
ゴムがついてる方は生え際の部分にあわせます。
ウィッグネットから耳を出し、ネットがずれない程度にヘアピンで止めます。

 

後頭部のゴムが入っていないネットの口を開かないように止める

 

あとはウィッグを装着するのみです!
初めのうちは慣れないので手間がかかるかもしれませんが、何度か練習すればスムーズに
できるようになるでしょう。

 

ウィッグの洗い方

一般的なウィッグの洗い方をご紹介します。
洗う前にまずはウィッグをブラッシングしてほこりやもつれなどをとります。
洗面器などにをため、シャンプー&リンス適量を(市販のシャンプー可)入れウィッグを押し洗いします。
洗ったら水で洗い流します。
タオルでウィッグを包むように水分を取り自然乾燥で完全に乾かし、ブラッシングして整えます。
ウィッグの種類で洗い方も変わってくるので、取扱説明書を読んで確認しましょう

 

 

ウィッグの需要

当サイトでウィッグは髪の毛を染めれない妊婦の方にもおすすめと述べましたが、
他にも「敏感肌」「アトピー性皮膚炎」の方にもご使用頂いています。

 

アトピー性皮膚炎で髪の毛を染める液が肌に染みるという声も聞きます。
軽度のアトピーの方なら問題ないかもしれませんが、重度のアトピーの方なら出来るだけ
皮膚にダメージを与えたくないものです。
そんな時にウィッグがあれば髪型が自由自在に出来ます。

 

アトピー性皮膚炎の症状としてはかゆみ・湿疹などが表れるようです。
遺伝もあるようですが、最近は生活習慣生活環境などで体質が変化しているとも言われているようなので、自分の生活習慣なども見直してみるといいでしょう。
あとは肌に水分が保てないという人が増えているようなので
乾燥から肌を守る努力も必要でしょう。

 

その他にもストレスや過激なダイエットなどによって抜け毛や薄毛に悩まされている人もいるようです。髪の毛に自信がなくなったら早めの対策をすることをおすすめします。

女性育毛について