顔型別・似合う髪型ポイント攻略

MENU

顔型別ポイント

 

丸顔

丸顔をカバーするなら縦長のシルエットと安易に考えがちですが、
縦長にこだわり過ぎてストンとした髪型にすると、かえって丸さが目立つ場合も。
一番スッキリ見えるのは、ひし形のシルエットです。
しかし、耳横の髪が広がってしまうと、余計に顔が丸く見えます。
肩ライン付近が広がるようにするとバランスがいいです。

 

 

ベース型

ベース型をカバーする場合、一番おすすめの長さはボブです。
それは、ボブが顔の横にボリュームを出しやすい=エラのはっている部分を隠しやすい長さだからです。
エラやはりを隠すときはふわふわの質感が大事です。
フェイスラインにふわっとカールがあると、顔型をカバー出来るだけでなく、
全体の印象もやさしげにみえるでしょう。

 

 

逆三角形

あごがほっそりしている逆三角形顔は繊細なイメージがあり、神経質にみられることもあります。
また、頬骨が目立つのでこけやすくみえるのも特徴です。
これをカバーするには、まずあごのまわりにボリュームを出すことが第一です。
ここがタイトだと骨格が目立ってしまいます。
毛先を中心にゆるいカールがあると貧相なイメージを解消できます。

 

 

面長

面長の人は、横広がりのスタイルでほおの横にボリュームを出すとバランスがいいです。
ただし、耳ラインより上にカールがあると老けて見えます。
額を出すより前髪を作ったほうがいいでしょう。
毛先は強めのカールだと華やかさがアップします。
面長の場合はストレートよりパーマヘアのほうがお似合いです。