長さ別ポイントで自分に似合う髪に

MENU

長さ別ポイント

 

ロング

毛量が減ってきた、パサつきがきになる…ロングはそんな悩みが悪目立ちしやすい髪型です。
毛量が少ないとさみしく見えますし、長さがある分、パサつきも目立ちます。
それをカバーしてくれるのが、やや重めのAラインシルエットです。
大切なのは毛量を減らしすぎないことです。
女っぽくなりすぎるのが心配な人は、前髪を切り、顔周りの髪も短くすると、
ヘアスタイルに動きが出てカジュアル度はアップします。

 

 

セミロング

忙しい朝でも結んでしまえば邪魔にならず、ロングより短い分お手入れが楽なのがこのセミロングです。
しかし、動きがつけにくく、のっぺりと地味に見えがちという難点もあります。
耳ラインより下の髪を大きめのカールにすると華やかさが増すでしょう。
顔周りの髪の毛は、毛先が内巻きになるように顔を包み込むようにすると顔立ちまでやさしい印象になります。
また、髪の毛を束ねるときは、長めの前髪をおろすなどして、顔周りに髪を残すと寂しい印象になりません。

 

 

ミディアム

定番人気のミディアムはスタイルの幅が広く、フェミニンにもカジュアルにも転べるところが魅力的です。
しかし、幅が広すぎて、大人の女性にはどんなスタイルが似合うのか悩むこともあるでしょう。
そんな大人の方にはふんわりとした丸みのあるスタイルがおすすめです。
あとは前髪もポイントです。
前髪を切ると若々しく見えますが、短くし過ぎると逆に老ける場合もあるので、
長さは目の上~眉の間がベストです。
すき間をあけたり、斜めにおろしたりするとバランスがいいでしょう。

 

 

ボブ

どの年代からもオーダーが多く、一番人気なのがこのボブヘアです。
厚みのある髪の人に似合うイメージですが、毛量が少ない人でも、デジタルパーマを施したりすればボリュームがでます。
また、前髪もポイントです。⇒前髪ウイッグの活用もオススメです。
前髪は厚めに取り、やや短くそろえ気味にします。
そうすると目力アップになり、若々しく見えるでしょう。