ノンシリコンシャンプーは髪の表面をコーティングしないので、パーマやカラーがしっかりとかかります。

MENU

ノンシリコンシャンプーは髪にいい?

ノンシリコンシャンプーは最近流行っていますね。
ノンという名がつくとシリコンシャンプーが悪いというイメージに思いがちですが、本当にノンシリコンが髪や頭皮にいいのか成分なども比較してみましょう。

 

シャンプーにはたくさんの種類がありますが、その中で比較的安心なシャンプーとして挙げられるものは、アミノ酸系、ノンシリコン系、石鹸系などがあります。

 

アミノ酸系

弱酸性なので刺激が少なく肌に優しいですが、汚れの落ちがちょっと悪くなります。

 

石鹸系

合成界面活性剤が入っておらず昔はこれしかありませんでした。
洗浄力は強いですが髪にはダメージが少なくさっぱりとした感触になり、健康な髪を保ちますが洗い上がりがキシキシとして、艶がなくなります。

 

では、シリコンとはなんでしょう。

それはケイ素を科学的に処理した合成樹脂で、からだに悪くないものもあって、食品加工や薬にも使われているのです。
シャンプーすると髪の表面に付着して、ぱさぱさ感をなくし、つやつやとする作用がありますが髪の表面をコーティングしてしまいパーマやカラーが思うようにならないといったこともあります。
油だからといって毛穴に詰まる事はなく、メリットとしてはキューティクルが壊れるのを防ぎ、ドライヤーも安心して使えます。
仕上がりはシットリした艶髪になります。
ただ髪を補修したり、保湿する効果はないので、長く使っていると髪が痛んでしまいかねません。

 

ノンシリコンは、今オーガニック、自然志向の傾向から、からだに良いものをなるべく取りたいという人が増え、注目されるようになってきました。
たしかに洗い上がりがサラサラでさっぱりとした髪になり清潔感があります。

 

ただ、ノンシリコンだからと言って、全てが良いわけではありません。

 

シリコンの替わりに他の成分が入っている事もあるし髪に本当に良いかは又別問題です。
ノンシリコンを使う場合は、リンスを使わないと髪がぱさぱさになる事があるのでリンスを使いますが、そのリンスやトリートメントにシリコンや他の成分が入っている事もあるので、注意する事が必要です。

 

買う時はノンシリコンだから安心と思わず、よく成分をみる事、値段が高いからと言って安心せず毎日使うものだからこそ、しっかり調べる事が重要です。